前へ
次へ

喪服の買い替えタイミングはいつ

喪服は10年先をみて買えと言われますが、普段ほとんど着ない服だからこそ、買い替えタイミングがいつなのかは悩むところでしょう。
基本的には年齢にふさわしいデザインを選ぶことが大切ですが、おそらく最初の喪服の購入タイミングは社会人になったとき、成人のころでしょう。
そのころのデザインのまま着続けられるのは、長くて30代半ばくらいまでです。
遅くとも40歳が見えてきたら、50代になっても着られるデザインに買い替えるのがおすすめです。
男性は比較的長い期間同じデザインで通せますが、気になるのは体型の変化でしょう。
自分ではさほど変わっていないと思っていても、いざ着てみるとおなか回りや肩まわりがきつくなっているケースがほとんどです。
できれば20代、30代、40代と買い替えるのが理想ですが、それは費用面でも現実的ではないので、40代で一度見直しをするのがよいでしょう。
また、このころになると社会的な付き合いも増えますし、残念ながら喪服を着る機会も徐々に増えてきます。
選ぶポイントは先ほども触れたように、10年後の自分が着ておかしくないデザインであることが重要です。
無難なのはオーソドックスなデザインで、女性ならワンピースとボレロがセットになったアンサンブルや、テーラードジャケットの喪服がおすすめです。

Page Top