前へ
次へ

喪服がない場合には黒のスーツでも大丈夫です

突然会社の葬儀などに参列すると、中には会社から直接葬儀場へ駆けつけるような人たちもいます。
それらの人たちの特徴ですが、中には、無精髭を生やしたままで葬儀場に駆けつけているような人たちもいます。
それは葬儀のマナーに違反をするのでしょうか。
結論から先に申し上げますと、それは時と場合によるということです。
葬儀に駆けつけた人たちの緊急度に左右されると申して差し支えありません。
緊急で駆けつけるべき時に、無精髭をしっかりと綺麗にして、シェービングを完璧にして葬儀場に駆けつけるような人たちは、逆に葬儀のマナーに反するということになります。
何が一番大切なのかといえば、故人を想う心です。
聖パウロが良い言葉を残しています。
心に愛がなければどんなに美しく飾った言葉も相手の胸を打たないという言葉です。
これはまことにもって言い得て妙なる表現ではあります。
会社で突然親しい人の逝去を知ったら、喪服に着替えて葬儀場へ直行しましょう。
喪服がない場合には黒のスーツでも大丈夫です。

Page Top