前へ
次へ

喪服の代わりに黒のスーツでも構いません

これは大変皮肉なことですが葬儀の日程というものはお天気を選べません。
葬儀の日程を選んだ後で、その日がたまたま雨になったということはよくあります。
そういう場合に葬儀に参列する人たちが持参する傘はどのような傘を持参すれば良いのでしょうか。
結論から先に申し上げますと、それが緊急時であればビニール傘でも許されるということです。
ですが時間に余裕があるのであれば、ビニール傘のなどの粗末なものは避けるべきです。
なぜならば葬儀の場というものは、亡くなった故人を偲び、尊敬し、最後の別れをする大切な場なのですから。
葬儀に参列する際に大切なのは喪服ばかりではありませんが、アイロンのかかっていないような喪服を着用している人たちもいます。
これは明らかに葬儀のマナーに反します。
葬儀で男性が着用できるのは、きちんとアイロンのかかった、黒のスーツと決まっています。
このような細かい点も社会人として気を付けるべき一般常識なので注意が十分必要です。

Page Top