前へ
次へ

夏の葬儀において半袖の喪服は問題ないか

かつて省エネスーツと呼ばれる服があり、男性用のスーツの上着が半袖で袖が短い分省エネになっているとの触れ込みでした。
政治家などが着てアピールしていましたがあまりにもデザインがダサいためか全く浸透せず今は全く見かけません。
その時にオシャレなデザインを取り入れたり人気タレントが着ていればその後主流になっていたかもしれませんが、世界的に見ても半袖のスーツはないのでどちらにしても残らなかったかもしれません。
男性用のスーツには半袖はありませんが、女性用のワンピースには半袖もあります。
喪服としても半袖のものが販売されているので、夏の暑い時に喪服を着なければいけないときは半袖にしようと考える人もいるでしょう。
一応半袖は売られているものの略礼装になるので着るシーンを十分考える必要があります。
喪主や近親者の葬儀などに出席する時には略礼装はあまりよいとは言えず、暑い夏であっても長袖を着て肌をあまり出さないようにしなければいけません。

Page Top