前へ
次へ

法事における喪服と平服の違いを知る

社会人になると主にスーツを仕事着と着るようになり、社内においても取引先においてもそれが一般的なみなしだみとされるでしょう。
最近は一部カジュアルを取り入れる会社もありますが、取引先の反応は様々で通常通りスーツを着て取引先に行く人もいるようです。
一方で学生が就職活動において着る服装で悩むことがあるようで、気軽な服装でと書かれていると大学に通学するときの私服を着ていく人がいるようです。
就職活動では社会人として考える必要があるので注意しないといけません。
同じようなケースとして法事において平服でお越しくださいと案内されるときがあります。
通常は喪服と考えている人にとって平服は普段着や私服としてスーツなどでないカジュアルな服を着ていく人がいるようです。
平服は正式には略礼装となり一応喪服の一種と言えるでしょう。
正装や準礼装などでなくもっと気軽な服装でもいいですとのことで略礼装や平服の表現が使われます。
男性であればスーツで色も黒か黒っぽい色の服がいいでしょう。

Page Top